資料詳細 (図書寮文庫)

函架番号 F1・5
書名 木戸家文書 (天・地・人・番外・特のうち人部101~150)
注記等 内容:尺牘(山田顕義・山尾庸三・益田親施・前田孫右衛門・前原一誠・二見一鴎斎・小松清廉〔帯刀〕・後藤象二郎・三条実美・坂本龍馬・西丸帯刀・斎藤篤信斎・斎藤弥九郎・斎藤歓之助・来島又兵衛・御堀耕助・宍戸九郎兵衛・品川弥二郎・広沢真臣)
編著者
刊写年次 原本
点数 50
家別 木戸本
画像 宮内庁
閲覧区分
備考 薩摩の大立者小松清廉(きよかど。1835-70)の明治元年(1868)閏4月17日付書簡。徳川氏は亀之助(家達)に継がせ,駿府110万石に移封すると書く。薩長首脳部の議論が分かる好史料。 (平成26年9月ギャラリー「幕末・維新期の書簡―木戸孝允をめぐる人々―」掲載) カラー画像は小松清廉〔帯刀〕書翰のみ。詳しい見方は,http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/shinsei/pdf/kidokemonjo_miru.pdfをご参照下さい。

*写真と翻刻の掲載について、図書寮文庫では申請が必要です。詳細は図書寮文庫資料の利用についてを御覧下さい。

ギャラリーに戻る