資料詳細 (図書寮文庫)

函架番号 伏・520
書名 伏見院宸記 (弘安10年10月―永仁元年10月(有欠))
注記等 附:桜町院宸筆御添状(1通)
編著者 伏見天皇
刊写年次 伏見天皇宸筆
点数 8
家別 伏見宮本
画像 宮内庁 宮内庁 宮内庁 国文研
閲覧区分
備考 鎌倉時代の第92代伏見天皇(1265-1317)宸筆の御日記。政務や儀式を記す他,学問・文芸に優れたため,教養・趣味に関する記述も多い。屈指の能書家であった。掲出箇所は勅撰集『玉葉和歌集』の編纂を二条為世らにお命じになった際の記事(永仁元年〔1293〕8月27日条)。  (平成27年12月ギャラリー「平安~戦国時代の自筆日記」掲載)  カラー画像は,巻6および同巻繊維画像,附のみ。  解説:宮内庁書陵部編『図書寮典籍解題 歴史篇』(昭和25年)。/掲載:宮内庁書陵部・宮内庁三の丸尚蔵館編『鎌倉期の宸筆と名筆―皇室の文庫から(三の丸尚蔵館展覧会図録No.60)』(平成24年)

*写真と翻刻の掲載について、図書寮文庫では申請が必要です。詳細は図書寮文庫資料の利用についてを御覧下さい。

トップページに戻る