資料詳細 (図書寮文庫)

函架番号 伏・396
書名 母后代々御賀記
注記等 附:執柄北政所賀記(源倫子・藤原全子)  内容:藤原明子(清和)・藤原高子(陽成)・班子女王(宇多)・藤原穏子(村上)・藤原詮子(一条)・(尾欠)
編著者
刊写年次 南北朝初期写
点数 1
家別 伏見宮本
画像 宮内庁 国文研
閲覧区分
備考 天皇の母后の御賀に関する記事を集成したもの。掲出箇所は文徳天皇女御の藤原明子(あきらけいこ)の四十御賀の記事である。明子は染殿后(そめどののきさい)と称された。本書は南北朝時代の書写本。 (平成26年11月ギャラリー「皇室の御賀」掲載)

*写真と翻刻の掲載について、図書寮文庫では申請が必要です。詳細は図書寮文庫資料の利用についてを御覧下さい。

トップページに戻る