資料詳細 (図書寮文庫)

函架番号 503・219
書名 伏見天皇御集 (夏・広沢切)
注記等 裏:嘉元5年(徳治2年)具注暦
編著者 伏見天皇御製
刊写年次 伏見天皇宸筆
点数 1
家別
画像 宮内庁 国文研
閲覧区分
備考 和歌に優れ書に秀でた鎌倉時代を代表する伏見天皇(1265-1317)の宸筆御製集の草稿本(夏部)。この御集の緩急自在な書跡は「広沢切」と呼ばれて尊重された。本書は具注暦の紙背(裏面)が使われており,当時の草稿本そのままの形を伝えている。 (平成28年9月ギャラリー「書の美、文字の巧(前期)」掲載)  掲載:宮内庁書陵部・宮内庁三の丸尚蔵館『皇室の文庫 書陵部の名品(三の丸尚蔵館特別展図録)』(平成22年)、宮内庁三の丸尚蔵館・宮内庁書陵部編『書の美、文字の巧(三の丸尚蔵館展覧会図録No.74)』(平成28年)

*写真と翻刻の掲載について、図書寮文庫では申請が必要です。詳細は図書寮文庫資料の利用についてを御覧下さい。

トップページに戻る