資料詳細 (図書寮文庫)

函架番号 208・1355
書名 追儺図 (1巻)
注記等
編著者 滋野井公麗補
刊写年次 江戸末期写
点数 1
家別 松岡本
画像 宮内庁
閲覧区分
備考 平安時代から宮中で行われた年中行事である追儺(ついな)の儀式の順序を記した書。追儺は疫病を払う儀式。疫鬼(えきき)は疫病の原因とされた鬼。江戸末期の写本。 (平成29年2月ギャラリー「古典文学に見る鬼のすがた」)

*写真と翻刻の掲載について、図書寮文庫では申請が必要です。詳細は図書寮文庫資料の利用についてを御覧下さい。

トップページに戻る